源ちゃんのつぶやき 源ゾーン

上村元三がお届けする おもしろあれこれ
関東のご夫婦を町案内
0
    6月1日 火曜日 午後 マップを(東京で手に入れられたようだった、どこかは聞き漏らした)もったご夫婦がキャンドルハウスの前で足をとめられた。
    熊本市内の方に聞かれたが まだ古町新町界隈浸透していないようだ、苦労され熊本城からやっとのことで古町界隈に着かれたそうだ。(これじゃいかんなぁ)
    関東からのお客様で夜は地獄温泉へとのこと、お節介かもしれないが町案内をかってでた。
    いつものコースを車でまわり二の丸駐車場へ送り届けた。(ちょいとお二人の時間押したかな)最後まで私を見送っていただいた姿に私の気持ちもホッコリした。
    今日のようなお客様がもう一泊古町界隈でお泊まりいただけるような情報を発信出来る店にしようと熊本げんぞー新幹線開業に向け力をいただいた一日であった。
    【2010.06.02 Wednesday 12:08】 author : 源ちゃん | 古町きゃめぐろ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    千住明さんを町案内
    0
      5月25日火曜日午後 BS−TBS の旅番組で坪井川界隈(熊本の古町新町の境界線)を案内してまわった。
      旅のお方は、作曲家の千住明さん、(自然体でとても素敵な方でした。)
      居酒屋 源zo-ne・キャンドルハウスの中を見ながらお話をして、いざ町案内。
      店を出て、明八橋で、新町古町の説明。唐人町のいろは屋さんで豆乳と豆腐のマドレーヌとゆば豆腐を試食、次は武蔵屋さんへご主人と奥様の話を聞きながら竹皮草履をお気に召され千住さんお買い上げでした。押し気味でピュアリー反後さんお店と建物の説明、地下の食事どころ(昔は船着場)へ、ドアを開け川沿いまで見せていただき素敵な笑顔でお見送りしていただきました。(残念ながらピアノ演奏は時間が取れませんでした。)
      明十橋を渡り新町の冨重写真所(日本最古の写真スタジオ)初代利平、現在4代目清治さん。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)・夏目漱石乃木希典しののめさん西南戦争
      焼失前の熊本城の写真を見ていただいた。
      最後は古町に戻り森本襖表具材料店で、同級生のたよちゃんとお父様にお話、唐人町の歩道に埋めてあった木レンガを見せてもらった。
      千住さんまた熊本に遊びに来てください。今度は熊本の料理で一緒に呑みましょう。お待ちしてます。
      次は
      【2010.05.26 Wednesday 20:45】 author : 源ちゃん | 古町きゃめぐろ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      九州新幹線熊本駅レールウォーク
      0
        2010年05月22日 熊本県【上熊本駅】 「〜熊本の歴史と未来にふれる〜熊本城下町散策と九州新幹線熊本駅レールウォーク
        店主熊本げんぞー昨夜の出張バーベキューの余韻でゆるゆる心で、朝から九州新幹線熊本駅レールウォークの休憩所づくり、風流街商栄会の旗やおもてなしのお茶の準備を始めた。
        9時前後ぱらぱらと源ゾーン、キャンドルハウス前を参加の方があらわれた。その後ろをみるとヒト人ひと、お茶だ・チラシだ口上だ。
        9時半前後用意した紙コップ数百個品切れ、お茶から氷水へそして最後は、水へ。
        さてさてぶっつけ本番で説明から口上へ
        口上:どうぞ熊本のブランドの水道水がやかんに入ってますのでご自由にお飲みください。ビールは一杯500円有料でございます。
        わたくしこの古町界隈で町案内と人力車の取次ぎをしております「げんぞー」と申します。
        この町屋で生まれ育って五十二年、こちらは季節限定の居酒屋(情報発信季節限定居酒屋源zo-ne ゲンゾーン )、隣は、キャンドル屋(キャンドル専門店キャンドルハウス)で、手作り体験も出来ますよ。どうぞお時間あれば覘いてください。昔は金物屋の卸屋でございました。・・・・・・・・・・・・・。
        ってな具合で午後1時ごろまでエンドレス。3000人強の参加者の方が上熊本駅から熊本駅までのウォーキング、その中の数百人がこの魚屋町三丁目へ、こんなん初体験。
        みなさん「あるかんと(歩かないと)わからんねぇ、よか町ですねぇ」と連発。
        久しぶりに力の沸くフレーズで町づくりげんぞー充電完了。
        企画のJRさん、市役所さんまたお願いします。感謝
        【2010.05.22 Saturday 23:36】 author : 源ちゃん | 古町きゃめぐろ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        古町のテーマソング
        0
          和モノ勉強中の店主げんぞー我ふるさと古町(熊本市五福校区界隈)テーマソングをご紹介します。
          これから店主げんぞー新幹線開通まで、この界隈で浸透させる努力をいたします。
          その題名は 「熊本さわぎ唄」
          「熊本名物数々あれど 唄に踊りの芸どころ花の舞台の はじまりはじまり」で  
          華やかに小気味よくはじまります。
          「・・・清正公(せいしょこ)さんの城下町・・・紺屋呉服に魚屋に米屋 船場下って唐人町へサアサヨイヨイ・・・」と我通りも出てくるじゃないですか。
          次に「郷土料理にゃ 地酒が合うよ・・・(銘柄)・・・」
          次の歌詞は大好きなので抜粋します。
          「ほろ酔い気分であの子と二人 踊り明かそか飲み明かそうか 坪井川さえ棹(さお)差しゃ届く なぜに届かぬわが思いサアサヨイヨイ・・・」坪井川で都々逸や川柳大会でもしたくなりますねぇ。
          最後は「御幸坂から夜桜見れば・・・藤崎宮で・・・どうかいどうかい・・・」でしめという曲でございます。
          作詞 小川芳弘  作曲 今藤珠美  作調 藤舎千穂 
          CDは、今藤珠美さんのページからか、店主げんぞー熊本のお稽古場より買ってきてあげますよ。3000円なり。
          【2009.11.16 Monday 11:03】 author : 源ちゃん | 古町きゃめぐろ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          CALENDAR
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>
          RECOMMEND
          NEW ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENT
          RECENT TRACKBACK
          MOBILE
          qrcode
          LINKS
          PROFILE
          SEARCH
          PAGETOP